不妊で考えるべき3つの事とは?

2019年08月25日

不妊症を改善したいときに取り組むべき3つの事って知ってますか?ワイズ整体院の不妊で考えるべきことの解説
これを知っていれば無駄に頑張らなくても良くなりますよ。

だから下記ようなことも起きてくるのです。

病院で頑張っても妊娠できない方でも、代替え療法(整体やはり灸など)で妊娠できる方もたくさんおられるのです。

これはどうしてなんでしょうか?

実はアプローチしている場所が異なるからなんですね!

病院で行っているのは、ホルモンの数値を上げることを上げることのみ。薬を使ってまでも上げることにこだわります。

体調の良い人はそれだけで出来てしまいます。しかし体調の悪い人は難しい…。
だから体調の改善にも取り組んだ方が良いんですね。

でも何に取り組めばいいのでしょうか?
身体を整える専門家の観点から解説していきますね。

まず考えるべきこと

不妊で考えるべきことは大きく分けると3つになります。

  • ホルモンの問題
  • 栄養の問題(足りないもの、多すぎるもの)
  • 身体の機能の問題(血液循環、内臓の機能、脳の機能)

この3つから不妊の原因を考えると、妊娠するにはどこを改善すればいいのか分かるんですね。あとはそこを頑張っていくだけになります。

ホルモンの問題について

ほとんどの病院ではここしか見ていません。ワイズ整体院のホルモンの問題の解説風景
栄養や身体の状態がある程度良ければ妊娠できるんですね

ただこの「ある程度」は人によって全然違うんです。

栄養や身体の問題が大きい人は、いくらホルモン剤を使っても難しい…。
さらにお薬で無理やり卵巣を働かせるので、卵巣はじょじょに疲れていきます。

疲れた卵巣では元気な卵子を育てることは出来ません。

そしてお薬による副作用もあるのです。それは自律神経が交感神経優位になってしまう事。
この状態になると次の問題が出てきます。

  • 内臓全般の機能の低下
  • 血液循環の悪化

これでは妊娠する確率がぐっと下がってしまうんですね。

また薬の毒素を排泄するために、ビタミン・ミネラルもたくさん消費します。その結果、身体がビタミン・ミネラル不足になることもあるんですね。これではますます妊娠しにくい身体になってしまいます。

だから病院で頑張っても結果が出ないなら、違うことを考える必要があるんですね。

栄養の問題について

栄養の問題はとても重要。考えるべきことは2つあります。

  1. 栄養不足
  2. 栄養過多

妊娠するためには、この2つを考える必要があるのです。

1.栄養不足

必要な栄養やビタミン、ミネラルが不足している状態です。
一般的にはこの問題だけを考えますよね。

妊娠するうえで特に必要なものはこれらになります。

  • タンパク質
  • ビタミンB群やD
  • 鉄分

他にもあるのですが、特にこれらが足りなくて妊娠できない人が多いんですね。

2.栄養過多

この問題はあまり考えないことが多いです。
しかしここを改善するだけで妊娠できてしまう事もあるんですね。

特定の栄養が多すぎても身体にとっては毒になります。
この状態では身体に負担がかかるので疲れやすくなってしまいます。

疲れやすいと妊娠しづらくなります。身体を守ることを優先するからです。

だからこの状態を回避すること!
摂りすぎにも注意しましょう

現在では病院検査で「どの栄養が足りてないか」までわかります。気になる人は一度検査を受けてみるのも良いですね。(※栄養療法を行っている病院でのみ可能)

身体の機能の問題について

妊娠するために重要な身体の機能はたくさんありますが、その中でも次の4つが重要ですね。内臓調整施術風景

  1. 栄養の吸収
  2. 血液循環
  3. 子宮卵巣の機能
  4. 排泄機能

実はこれらは工夫すれば自分で改善できるものばかり。
それぞれ見ていきましょう。

1.栄養の吸収

食べたものは胃で消化され腸で吸収されます。この流れが悪いと、いくら食事に気を付けても必要なものが十分に吸収されません。

この場合、胃腸の働きの改善が必要になんですね。

それとよく噛むこと、楽しく食べることですね。
これだけでも吸収率は上がりますら、ぜひやってみてくださいね。

2.血液循環

血液循環が悪いと以下のものが身体のあちこちで不足してきます。

  • 栄養
  • 酸素
  • ホルモン

すると身体の細胞は弱くなってしまうんですね。

循環量が減れば栄養や酸素の摂取が十分でも、脳からのホルモン分泌が十分でも、卵巣に届く量は減ってしまいます。これらは血液に乗って運ばれるからです。

血液循環が良いかどうかは足の冷えで判断できます。足の冷えは子宮卵巣の冷え(血液循環の不足)と連動しているので、血液循環を改善が必要ですね。

3.子宮や卵巣の働き(機能)

卵巣や子宮の機能が悪いと、当然妊娠しにくいのです。栄養や酸素・ホルモンが運ばれてきても有効に使えません。

病院では機能ではなく病気があるかどうかで判断します。病気がなくても機能が落ちている例はたくさんあります。だから整体や鍼灸で妊娠できるんですね。

子宮や卵巣だけでなく胃腸や肝臓・腎臓なども妊娠にはとても影響のある臓器です。だから一部だけでなく、全体的に機能を高めるのが良いんですね。

4.排泄機能

排泄の機能だけは別に書いてみました。
というのは妊娠できない人に便秘の方が非常に多いからなんですね

大事なのは”身体にいらないものを排泄できるか”というところです。

排泄できなければ、身体のどこかにそれが溜まっていきます。

蓄積したものは身体にとって”毒”になるります。それで病気になることもあれば、病気にならなくてもとても疲れやすくなったりもするのです。

疲れやすさは妊娠には大敵!
ぜひ排泄機能を改善していきましょう!

まとめ

不妊症の改善には3つのポイントがあります。ワイズ整体院のスタッフ画像

見てきて分かると思いますが、不妊症の改善とは健康になることなんですね。
だから健康になるにはどうすれば良いのか、と考える方が妊娠しやすいのです。

以上を参考に少しでも皆さんの気づきになれば幸いです。
自分でどうすればいいのか分からない人は、当院までご連絡ください。

1 2 3