婦人科疾患

小松市の皆様!このようなお悩みはありませんか?

  • 生理痛がひどく、いつも薬を飲んでしまう。
  • 月経前症候群(PMS)に悩んでいる。
  • 子宮や卵巣の問題で手術をすすめられているが、出来ればしたくない。
  • 薬を飲まずに改善する方法を探している。
  • 自分でいろいろ努力してみたが、改善しないので疲れてしまった。

あきらめる前に一度ご相談ください

婦人科疾患の多くはホルモンバランスの乱れが原因で起こってくるのです。

よく聞くホルモンバランスの乱れ。これは身体の歪み、内臓の歪みが関係するのです。

これらの歪みに対応できるかどうかは

  • 血液循環の問題
  • 身体のこわばり
  • 自律神経のバランス

がどのような状態か、によります。対応できれば歪みがあっても症状は強く出ません。

ですが身体の状態が悪いと婦人科のお悩みは強く出やすいです。

歪みは疲労やストレスの蓄積を改善できない時に身体を守るために出てくるのです。歪みが大きい程、身体の状態は悪くなるのです。だから歪みを改善することが出来れば症状も改善していくのです。

女性特有の問題はホルモンバランスが原因かも

女性ホルモンとは、女性としての身体の状態を維持するためのホルモンの事です。

女性ホルモンは卵巣でつくられ

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

があります。

これらのホルモンは、脳にある下垂体というところから出されるホルモンによりコントロールされています。

さらに、下垂体は脳にある視床下部というところから出るホルモンよりコントロールされています。

つまり、女性ホルモンは脳によりコントロールされているという事です。(自律神経支配)

また、女性ホルモンの材料は肝臓で作られます。コレステロールが主な成分です。

極端に脂質の摂取が少なければホルモンの材料が作られず、無月経になる場合もあります。また逆に多すぎると月経過多にもなります。

肝臓では多すぎるホルモンの分解も行っております。なので、肝臓の機能が女性ホルモンにとっては重要になります。

ホルモンの作用により女性の身体には規則的な生理周期がおとずれます。また体調維持にも関係しています。このホルモンのバランスが乱れると生理周期に影響するだけではなく、色んな不調が身体に現れてきます。

生理痛・PMSに対応するには

生理痛・PMSなどのお悩みに対応するには身体を健康な状態にできるかにかかってきます。

身体が健康であるとホルモンの乱れによる影響や自律神経失調症など、色んな症状が出なくなります。

逆に、不健康な状態ですと身体は生きるために必要な機能(器官)を最優先に回復させようとします。

特に

  • 循環器
  • 呼吸器
  • 消化器

は働かなくなると生きていけません。

ですが、生殖器は働かなくても生きていけるのです。

ですから、生殖器に関係する症状(婦人科疾患)を改善させるには、その前に身体にとって重要な器官の症状を改善することが必要なのです。

具体的には?

女性の場合は一見、健康そうに思えても

  • 冷え性
  • むくみ
  • 便秘
  • 頭痛、肩こり

などがある人が多いです。

ですが、このような身体の状態では婦人科疾患が改善するような健康状態ではありません。

何故なら

  • 冷え性=血液循環(循環器)、代謝の問題
  • むくみ=血液循環(循環器)の問題
  • 便秘=排泄の問題(消化器)、ホルモンバランス、食生活の問題
  • 頭痛=血液循環(循環器)、自律神経の問題

となり、

生殖器より優先される器官の問題があるからなのです。

これでは婦人科疾患は治りません。

婦人科疾患が改善するには、他の器官の問題がないぐらいの健康が必要です。

そのためには生活習慣の見直しも重要になってきます。ご自身でコントロールできない方は、施術(整体・はり灸)を受けるといいです。

ワイズ整体院の施術法

整体

症状が改善するには「脳の血液循環の改善」「内臓のこわばりや血液循環の改善」が重要になります。

このため整体では・頭蓋骨矯正・内臓調整を行っております。

はり灸

経絡の流れを整えることにより自然治癒力を高め、身体が女性ホルモンをコントロールできるようにしていきます。

「全身の施術」が必要です。

また、施術を受けられても生活習慣の見直しは大事になります。