不調と歪みの関係性

2020年03月24日

身体の不調は歪みのせい?

いろんな原因で身体は歪みます。
疲労やストレス・栄養不足・睡眠不足・姿勢の悪さなど、身体の歪みにつながる原因は本当にたくさんあるんですね。

そして身体が歪むといろんな不調が出てきます。
それは歪みが身体の回復を妨げるからなんですね。だからいろんな不調が出てしまうんです。

例えば疲れや痛み・しびれやめまい・冷え性・便秘・原因不明の不調なんかもそうですね。内科的な疾患の原因にもなってしまうことも多いです。

それほど体の歪みはいろんな症状につながってしまうんですよ。

ではどうすればこのような痛みや不調がでないように、またでても良くしていけるのでしょうか?

簡単に言えば歪みがない身体になればいいんですね!
歪まなければ疲れもとれるし不調や痛みも改善するから。

確かにその通りなんです。

でも実際にこれを実行しようとすると大変じゃないですか?
そう!歪まないようにするのはとても難しいんですね。

なぜ難しいのか?

それは歪まないのは無理だからです。ワイズ整体院の5月病対策について
そもそも内臓は左右均等ではないし、利き手・利き足・利き目の問題もあるからです。

だから歪みがあるのは当たり前なんですね。

では、あきらめるしかないのか?

…そんなことはありません!
歪みが出ても大丈夫な体になればいいのです。

実は人間の身体は歪んだり整ったりしているんですね。
だから歪みがでても回復できる身体であればいい。そうすれば寝るだけで回復して整ってしまうからです。

なので歪まないようにするのではなく、歪んでも回復できる身体になればいいのです。
そんな体になればいいんですね。

どうすればそうなれるのか?

回復力が低下するのは、以下の様な原因です。

  • 疲労の蓄積
  • 睡眠不足
  • 栄養のバランスが悪い
  • ストレス

こんな状態だから低下してしまうんですね。

逆に回復力が上がるのは上がるのは、以下のようにすればいいのです。

  • 十分休む
  • 適度な運動
  • リラックス
  • 笑ったり楽しんだりする

身体によいことをすればで回復力は上がるのです。そうすれば自然と回復力が上がります。

それは何故なのか?

なぜ身体に良いことをすると回復力が上がるのか?

それは自律神経が関係しているんですね。
自律神経は2つあります。

  • 交感神経
  • 副交感神経

このなかで副交感神経が回復力にかかわってくるんですね。

なので副交感神経を働かせることが大切なんです。
それがリラックスしたり休めたりする事なんですね。

この状態で初めて身体は回復できるようになるのです。

だから副交感神経を働かせること。それで回復力も高まりツラい不調も良くなっていくのです。

今ツラい不調に悩んでいるあなたへ!

今ツラい不調がなかなか良くならず、悩んでいるあなたへ。

大丈夫、安心してください!

身体の回復力が十分にあれば良くなります。
そうなるためのことを実行していけばいいんですね。

問題は痛みや不調の場所や種類ではなく回復力が落ちていること。
ここさえ整えていけばいいのです。

そのために必要なこと

回復できる身体になるには、いろんな方法があります。

  • 姿勢を気をつける
  • 適度な運動
  • 食事のバランスに気を付ける
  • しっかり寝る
  • ストレスを溜めない

等があります。

これら全部を解消する必要はありませんよ。
今よりも少しでも減らせていけば、その分だけ身体の回復力は上がりますから。

ただこんな不安があるかもしれませんね。

  • 自分だけでは難しいし…、
  • 出来てるかどうかも分からないし不安…
  • そもそもどうすればいいのかわからない

そんな方でも大丈夫。
専門家に相談すればいいだけですからね。

全部自分でやる必要はないですし、早く良くなっていきますよ。

自律神経のことをもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧lください。

1 2 3 4 5 71