早く良くなるか、時間がかかるか

2019年12月28日

そのツラい症状、早く良くなりたいですか?
それとも時間がかかってもかまわないですか?

当整体院にはいろんな身体の不調に悩む方が来られます。ワイズ整体院の問診風景

私はお越しいただいた方には、できるだけ早く良くなってもらいたいと思っております。
なので施術をさせて頂くだけでなく、日常生活上のアドバイスも行っております。

ただそれでも早く良くなるケースと時間がかかるケースがあります。

それについてお話していこうと思います。

どんな要因があると良くなるスピードに差が出てくるのか?

不調の解消に影響する要因には、大きく分けて3つの要素があります。

  1. 回復力
  2. 行動量
  3. ストレス

それについて書いていこうと思います。

1.回復力

まずはその方の回復力がどれくらいあるか?
それが大きな要因になってきます。

回復力の高い方は早く良くなっていくし、低い方は時間がかかる。
考えてみれば当たり前ですよね。

2.行動量

次にどれくらい無理をしているのかですね。

自分の体力以上に無理をしていれば、なかなか良くなりません。
それだけでなく徐々に悪化することもあるんですね。

自分の体力の範囲内で行動され、身体を回復させる余裕もある方は早く良くなります。

これも考えるまでもありませんよね。

3.ストレス

そして精神的なストレスの大きさ。

これが大きいと回復力は働きにくくなります。身体を休めていても神経が緊張してるので回復していかないからです。

ストレスが少なければ身体は正常に働くので、休んだ分だけ身体は回復していきます。

このように回復するにはいろんな要素が絡んでくるのです。

早く良くなるには!

早く良くなる方法はあるのです。
それには気づくことが必要なんですね。

今まで回復しなかったなら、今までのやり方では回復はしないのです。
その生活習慣では難しいんですね。

だから素直にアドバイスを受け容れる方は早く良くなります。

逆に自分のやり方にこだわる方は、なかなかよくなりにくいですね。
その自分の考え方で頑張ってこられて無理がかかってしまったのですから。

お子さんの場合は親御さんの考え方も影響する

お子さんの場合はお子さんだけでなく、親御さんの考え方も改善に影響してしまいます。

早く良くなる子は、親も真剣にこちらのアドバイスに耳を傾けてくれます。それも子供の事としてではなく、自分事として聞いてくれるんですね。

時間がかかるパターンはこれです。
「子供のことは子供事で自分は関係ない」

このように子供だけ変えようとする場合は本当に難しい。
この場合、親自身の考え方を話すと怒りだす場合もあるんですね。

「改善させるのは子供なので、私ではない」
といった感じですかね。

確かにお子さんの不調はお子さんの身体に出ている。
だからその通りですし、そう思うのは無理のない事だと思います。

でも良くなることが出来なくて、お子さんも親御さんも困っているんですよね。

お子さんの不調が良くなるには親御さんの力はとても重要なんです。
お子さん自身で解決するのは非常に困難だからですね。

親子で協力出来る状態が、最も早く良くなっていくのです。

親御さんがツラいのもよくわかります。

でも親御さんの気持ちもわかります。
ご自分でもお子さんが良くならなくて苦しんでいるのですからね。

だから精いっぱい努力してきたことだと思います。
でも良くならなかった。

だからどうしていいのか分からずに、逃げたいくらい悩んでいる人もいるんです。

自分でどうにもできないから誰かに頼りたい。
その気持ちは正直誰にもあります。

だからなのかお子さんが施術を受け始めると安心してしまうんですね。

「もう私の役目は終わり」という感じになってしまう方もいるのです。

ただ、そんな状況ではお子さんが良くなるのはきびしい…。
やはり親御さんも積極的にかかわってくれた方が、早く良くなるのですから。

親御さんが出来ること

特に難しいことをしてほしいわけではありません。
必要なのはこれだけです。

ただ今のお子さんをありのまま受け容れてあげましょう。
そして今まで頑張ってきた自分を受け容れてあげましょう。

これが出来ればお子さんの不調も普通に良くなっていきますよ。

大丈夫!誰でも出来ます。
最初は慣れてないので難しいだけですからね。

起立性調節障害についてもっと知りたい方は「起立性調節障害」のページをご覧ください。

自律神経の乱れについてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。

1 2 3 4 5