【自律神経を整える】なかなか解消しないなら概要も考えよう!

2020年08月8日

なかなか良くならない自律神経乱れや不調…
そんなことに悩んでいませんか?今回は体操をやっても変わらないときの考え方をお伝えしております。

体操しても変わらないなら視野を広げることも大切

自律神経の乱れや不調を解消する方法はたくさんあります。
この記事を見ている方は解消するために頑張っている事でしょう。

いろんな取り組みをすることは大事ですね。 それを行う事で実際に解消していくからです。

ただ、なかなか良くならない…

そのように悩んでいるのなら一旦立ち止まってみる必要があるんですね。 そして大枠から考えてみるといいと思います。

今回は自律神経を解消するための大枠から話してみようと思います。

《なぜ自律神経が乱れて痛みや不調が出るのか》

自律神経の乱れや不調とは何でしょうか?
自律神経が乱れた状態なのは間違いではありません。苦しむ女性風景

ただ自律神経はどんな時でも身体をコントロールしているのです。
乱れててもツラいときも不調が出ててもなんですね。

だから本当はこのようになっているんですね。
痛みや不調なく身体のコントロールが出来なくなった状態。

つまり痛みや不調を出してまで身体をコントロールしているのです。

なぜこうなっているのか?
それは”命を守るため”なんですね。

このままの状態だと危ない!と身体が知らせているのです。 だから身体を整えることが必要なんですね。

【なぜこうなってしまったのか?】

でもなぜこうなってしまったのでしょうか? これは以下のことが原因なんですね。

  • 身体の問題:過労・睡眠不足
  • 栄養不足・血行の低下・体力の低下
  • メンタルの問題:ストレス・考え方(完璧主義・自己否定)

このような問題が大きくなりすぎて、健康で身体をコントロールできる限界を超えてしまったんですね。

だから解消していくにはこれらの問題を減らしていく必要があるのです。

《解消するための考え方》

自律神経を整えるという事は、無理なく身体をコントロールできるようにするという事

このためには以下の2つが必要です。

  • 因を減らすこと
  • 身体のこわばりや歪みを整えること

そのためには身体へのアプローチと心へのアプローチがあるのです。

身体へのアプローチにはこのような方法がありますね。

  • 体操
  • 食事の工夫
  • 施術を受ける

心へのアプローチはこれらです。

  • ストレスを解消する
  • 考え方を工夫

このように身体と心へのアプローチしてみることです。

なかなか良くならない場合は足りないことがあるだけです。 そこは何か考える時は今回の大枠の考え方が必要なんですね。

詳しくは動画をご覧ください。

ただ分かったとしても自分では難しい時があります。 とくに心の問題が難しいです。 そんな時は専門家にご相談くださいね。

まとめ

以上、自律神経の乱れや不調が体操しても良くならないときの大枠の考え方についてお伝えしました。

体操しても変わらない、食事に気を付けても変化ない…
そんな時に必要なのが視野を広げること。

広がると自分に足りないものが消えてきますよ

ワイズ整体院では自律神経失の乱れや不調を解消するの施術を得意としております。当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご相談くださいね。

自律神経についてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。