自律神経を根本から整えられる「笑い」と「自分褒め」の正しいやり方

2020年08月20日

どんなに体操しても自律神経の乱れや不調が良くならない…、そんなお悩みありませんか?今回は自律神経を整えるのに有効な「笑い」と「自分褒め」についてお伝えします。

自律神経を根本から整える「笑い」「自分褒め」

自律神経の乱れや不調を良くするには自律神経を整えることが大切ですよね?

その為の方法は本当にたくさんあります。今回は「笑い」と「自分褒め」についてご紹介していきますね。

ちなみに簡単だと思うものほど注意が必要なんです。それは出来てる、とすぐに思い込んじゃうことです。自分の勝手な.主観が入ってくるんですね。

今回の「笑い」「自分褒め」も簡単にできることです。 でもその簡単にできるのでつい出来てるとおもったり主観が入ってしまう。

なので取り組む際は 「体操を行う」 つもりで行ってくださいね。

《実際のやり方》

今回の体操は「笑い」「自分褒めです」

【笑う】

「笑い」に関しては笑うことを意識していただければいいのです。 お笑い番組や落語などで笑いを取り入れる習慣をつけてもいいですね。

「なかなか笑えないんです…」という方も大丈夫!

笑顔を作ればいいのです。 口角を上げるんですね。
実はこれがとても重要なんですね

このように表情を作るだけで脳からエンドルフィンという幸せホルモンが出るのです。これがストレスの緊張を和らげて行くんですね。

なのでそれを普段から体操として意識すればいいのです。
口角を上げた状態でいかにリラックスできるのか?

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【自分褒め】

自分褒めも簡単です。自分を褒めればいいんですね。

「でもなかなかほめるところないんです… 」
そんな方もおられるでしょう。

大丈夫! 先ほどの「笑い」と組み合わせればいいんですね。

「笑った」「笑顔を作った」これが出来ればほめるんです。 たとえ一瞬でも出来たらほめる。 実際にできてますから。まずはココからです。

そして「出来ない」と思ってもいいのです。

これは「この方法ではできないと気づいた」のだから、気づいた自分を褒めるんですね。 これが出来ると先に進めます。

「出来ないことに気づいた」⇒「出来るレベルに落としてみる」

でもいいし「違う方法に取り組む」でもいい。

そこで何かの結果に出会います。 その結果は気づきでありそれに気づけた自分をほめるんですね。 これも体操ですから継続することで効果が出てきます。

中には「こんなことやってて意味があるのか… 」と思う人も出てくるでしょう。 そしたらそんなことを想う自分に気づいたことをほめればいいんですね。

自分はダメだ、と思ったら自分をダメだと思いたい自分に気づいたということ。 でも変わりたい、という自分もいると思うし、 なかなか結果が出ない自分に不安を感じる自分もいる。

自分を褒めるということは「できた自分」だけでなく「気づいた自分」も褒めるという事なんですね。

そして繰り返しになりますがこれらは体操です。 継続することで効果が出てきます。

ただ簡単すぎてつい自分の癖が入るんですね。 そこに気を付けながら取り組んでみてくださいね。

詳しくは動画をご覧くださいね。

まとめ

以上、自律神経の乱れや不調を根本から解消するための「笑い」「自分褒め」をお伝えしました。

根本から解消するには受けるストレスを減らす必要があるのです。「笑い」「自分褒め」をおこなうと、同じことをしても受けるストレスは大きく変わります。

これが根本からの解消につながっていくんですね。

ワイズ整体院では自律神経の乱れや不調の施術を得意としております。当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご相談くださいね。

自律神経についてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。