腰部脊柱管狭窄を楽にするための考え方

2019年05月8日

脊柱管狭窄に悩む方は多いです。
「手術しないとよくならない」と言われ、がっくり来る方も多いです。

でも本当に手術が必要なんでしょうか?

私の経験上、手術しないで改善した人をたくさん見てきました。
だから絶対に手術が必要というわけではないんですね。

そこで気づいたことを、腰部脊柱管狭窄の解説とともに書いていこうと思います。

腰部脊柱管狭窄とは

一般的には「加齢など様々な原因により骨・関節・椎間板・靭帯の変形や肥厚で脊柱管が狭くワイズ整体院の脊柱管狭窄症画像なり、それにより神経が圧迫され症状が出る病気」と言われています。

これに対して、病院で行われている方法とは何でしょうか。

  • 投薬
  • ブロック注射
  • 腰椎牽引
  • 電気療法
  • 運動療法
  • 脊柱管拡大術(手術)

手術以外はすべて狭くなった脊柱管を広げる方法ではありません。ですがそれでも手術しなくて改善していく人も多いのです。

だとすれば”脊柱管の狭窄だけが脊柱管狭窄の原因なのか”という疑問が出てきます。

本当に脊柱管の圧迫が原因なのか?(理論的考察)

病院では症状と画像診断で判断するんですね。

でも臨床で見ていくと、それだけではないんですね。
たとえ画像上は脊柱管狭窄と映っても、症状の出方が異なることも多い。しかも「手術しないと…」と言われていた人が、手術しないでもよくなっていく。そんなことはしょっちゅうあるんです。

<一般的な考え方>

姿勢の悪化により、脊椎に過剰の負担かかるようになります。その負担の変化で、骨が徐々に変形してつぶれるんですね。

この際に脊柱管の中へ変形が出てくると、神経の通り道が狭くなっていきます。この突出が大きければ神経が圧迫されるのです。

神経の圧迫の程度で症状が異なります。

<臨床上感じていること>

すべての症状が脊柱管での骨性の神経圧迫からではないのです。それは手術しなくても改善すワイズ整体院の症状解説風景る人がいるから。これは骨性の圧迫では考えられないことなんです。

だったらどうなのか?

私は本当はこうなのではないか、と思っております。

痛みをかばって

  • 筋肉が硬くなったり
  • 血行が悪くなったり
  • 靭帯が肥厚したり

して症状を出している部分も多いです。

またお薬は痛みは押えるものですが、原因の改善にはなりません。また、こわばりがとれないと血行は悪くなります。

血行が悪いと、神経も酸欠や栄養不足に陥ります。回復力が落ちるので、身体はどんどんこわばります。これが積み重なると、今度は薬も効きにくくなります。そンな状況だから手術になってしまう場合も多いですね。

また、骨性の問題である変形や骨棘・骨粗鬆症も、実は内臓や栄養の問題で起こるんですね。カルシウムの摂取不足で、骨からカルシウムが流出し、変形や骨粗しょう症になっている。

脊柱管狭窄は高齢の方に多いです。

高齢の方の特徴は

  • 内臓疲労で内蔵が下垂し、腰椎に負担がかかる。
  • 頭蓋骨が歪み硬膜がねじれ、腰椎骨盤に負担がかかる。
  • 背骨全体が硬いので、比較的動きの大きい下位腰椎に負担がかかり過ぎる。

などです。

この問題を解決できると脊柱管狭窄症も良くなるでしょう。

本当に狭窄症が原因なのか?(現場での体験から)

手術以外で病院の投薬や注射・リハビリでも改善していく人は多いです。ワイズ整体院の施術風景

これは何を表しているのか?

脊柱管が広がらなくても改善できるということなのです。
(もちろんすべてが改善出来るとは言えませんが)

つまりレントゲンやMRIの画像では、本当のところは解らないのです。
まずリハビリをしてから、判断しても良いのではないでしょうか。

例えば注射や投薬・リハビリで改善すれば、脊柱管の骨性狭窄ではないのです。
痛みによる体のこわばりや炎症が原因で症状が出ていた、ということ。

またリハビリで改善したのなら、出ていた症状は脊柱管の骨性狭窄によるものではなく、

  • 筋肉や人体などの軟部組織のこわばりや肥厚
  • 関節のこわばり
  • 血液循環の悪さ

が原因だったということなのです。

最後に

筋肉や関節のこわばり・血液循環の悪さの原因は、普段の生活習慣からくるものなのですワイズ整体院の施術スタッフ画像
日常生活での疲労や負担が重なって、身体の歪みを作り症状を出すんですね。

だから改善のためには、生活習慣の見直しは絶対に必要なんです。「リハビリだけでは改善しないけど、生活習慣見直したらよくなった」

そんな声もたくさんあるのです。

どこまでやってみるかは個人の自由。でも手術はしたくないのなら、頑張る必要があるんですね。