目を動かさないと脳が衰える!

2019年08月26日

毎日暑いですよね~。

こんな時は部屋にこもっての作業が増えると思います。
ついついパソコンやスマホに向かいがち。

気が付くと長時間になってしまいますよね。

でもこれ、ちょっと注意が必要なんですね!
それは目の動きが少ないと、脳の機能が低下するから。ワイズ整体院の目と脳の関係性の解説

仕事上、自律神経が乱れている人や精神的につかれている人、心の悩みを抱えている人によく会うのです。

それらの人に特徴なのが、目の動きが少ないこと!

特に精神的につらい人ほど目が動かないのです。
脳科学的にもこれは証明されていて、目の動きが悪いほど、脳の前頭葉の働きも低下しているのです。

脳の前頭葉ってあまり聞いたことないですよね?
ちょっと解説してみます。

脳の前頭葉とは?

脳にはいろんな働きがあるのはご存知だと思います。

その中で前頭葉の働きは、大まかには思考や感情のコントロールしているんですね。もうちょっと詳しく書いていくと

  • 運動野
  • 前運動野
  • 前頭眼球運動領
  • 運動性言語野
  • 前頭連合野

という5つの領域があるのです。

脳に入ってきた情報を、

  • 選択
  • 判断
  • 系列化

という作業を脳内で行って、これを通して

  • 記憶
  • 思考
  • 感情

をコントロールするのに大きな影響を与えるのです。

この働きが大きい人ほど情況を冷静に分析して、適格な行動をより早く決めることが出来るのです。

分かりやすく言えば、

  • 話を組み立てる
  • 手順を考える

のも上手くなります。

ストレスが多くなると…

ストレスが多くなってくると頭も疲れますよね?ワイズ整体院のストレスを抱えた女性画像
このとき前頭葉も疲れて働きが低下し、眼球運動も自然となくなってくるのです。

逆に画面に向かいっぱなしで目を動かさない時間が長すぎても、前頭葉の働きは低下します。

だからこのような環境にいる方は気を付けてください。

  • 一日中、パソコン・スマホに向かっている人。
  • 一日中テレビを見ている人
  • 同じところばかりにいる人

これらはあまりに長いと、脳の思考的な働きは確実に低下してしまうんですね。長期になれば脳の機能も衰えてしまうんです。

これを防ぐには!

これを防ぐには、効率的に脳を働かせることです。

ではどうすれば効率的に働かせるようになるのでしょうか?
いいろんな方法がありますよね。

理論上は定期的に脳の働きをリセットする必要があるのです。

その一番簡単で効果があるのが、眼球運動になるんですね。

定期的に眼球を動かす体操もありますが、そのほかに遠くの景色を見たり、人を観察したりして、いろんな情報に意識を向けていくんですね。

それ以外には口を動かしたり(しゃべる・たべる)、足を動かしたり(散歩・体操)、身体を動かしたりすることで、脳の前頭葉の運動野が刺激されるのです。

そうすることで前頭葉の血液循環が豊富になり、前頭葉が活性化され思考が復活するんです。

活性するとまた頭が働きやすくなるんですね。

効果はそれだけではない!

そしてそれだけでなく、ご自分の感情も落ち着きやすくなってきます。ワイズ整体院の安心する女性画像
前頭葉は感情のコントロールも行っているからなんですね。

するとどうなるか?

感情に流されにくくなり、冷静に判断しやすくなってくるんですね。
そうなってくることで自分をコントロールでき、自分自身が楽になれるのです。

すると自律神経も整いやすくなり、身体の症状も安定してくるのです。

身体が楽になるから心も楽になることもありますが、心が楽になるから身体が整ってくることも多いのです。

なかなか良くならないときは心から先に楽にする!
ここにも取り組んでみることをお勧めします。

まとめ

目を動かさないと脳の機能は衰えます。スマホやパソコン・テレビなど画面を見続けることは影響が大きいのです。

もし鍛えるなら、音読がお勧めです。格段に脳の機能を働かせるから、機能性の認知症対策にも使われているぐらいです。

どれくらい音読がいいのかというと、新聞のコラム欄の分量。
これを毎日行うことで脳の機能はかなり活性化されるんですね。

ちょっと最近物忘れが気になるな…、と思ったらぜひ取り組んでみてください。
続けていけば全然違ってきますから。