【実践】1分間呼吸法で自律神経を整えよう!

2020年09月11日

あなたは自律神経の乱れや不調が良くならずに悩んでいませんか?今回は自律神経の乱れを整える1分間呼吸法についてお伝えします。

脳をリセットする1分間呼吸法!

自律神経の乱れが良くならない…
そんな悩みに困っている方は多いのです。

その原因の一つとして思考の問題があります。 普段から考えていることが頭から離れないんですね。

今回ご紹介するのはそれを一旦リセットする呼吸法になります。

思考のリセットできると脳は緊張から解放されます。なので自律神経が整っていくんですね。

それでは早速解説していきますね。

《1分間呼吸法とはこんな呼吸法です》

この呼吸法を行うにあたってのポイントがあります。
それはこの2つ。

  1. 腹式呼吸
  2. 身体の感覚に集中する

これらを意識して行う事で、脳の緊張をリセットすることが出来るんですね。
それぞれ解説していこうと思います。

【1.腹式呼吸】

腹式呼吸は鼻から吸って口から吐くが基本です。

鼻から吸った息の倍の時間をかけ口から息を吐き出します。例えば鼻から5秒かけて吸ったのなら口から10秒かけて吐き出します。

でも苦しい場合はムリしないでください。鼻から吸って鼻から吐く方が負担がかからないので、苦しい方はそれでも良いです。

秒数も最初から長くしないようにしてみましょう。

苦しくなるのが目的ではなく、脳をリセットするのが目的ですからね。
そのためには楽に出来た方が良いのです。

【2.身体の感覚に集中する】

どうしても考えてしまう思考から離れるには、考えないようにするのは難しいやり方なんです。そんな時は身体の感覚に意識を集中させればいいんですね。

このとき一番簡単なのは呼吸に集中することです。
呼吸による体の感覚を解説するように感じればいいんですね。

それ以外では身体のこわばっている所を感じて、そこの力を抜くようにしてみるのも良いでしょう。

とにかく自分の意識を考え事や悩み事・心配事などではなく、身体の感覚を感じる事に集中するのが大事なんですね。

以上2つを注意しながらやってみましょう。

<たとえばこんな感じです>

具体的にはこんな感じでやっていきます。

「今鼻から空気が入ってきた。肺にだんだん入ってきてお腹も膨らんできた。ちょっと苦しく感じるから吐き出そう。口から空気が外に出て肺もすぼまりお腹もへこんできた。」

こんな感じで身体の感覚をリサーチしてみるんですね。 そうすることで脳が一旦リセットされやすくなりますよ。

詳しくは動画をご覧くださいね。

まとめ

以上、自律神経を整えるための一分間呼吸法についてお伝えしました。

この呼吸をすることで日頃考えてることから解放されます。今現在の感覚を感じることが出来るんですね。

そうすると思考が一旦リセットでき、頭がすっきりすることでしょう。
自律神経を整えるには大切なことなんですね。

今に集中するんです。

ワイズ整体院では自律神経の乱れや不調の施術を得意としております。当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご相談くださいね。

自律神経についてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。