股関節痛について

2019年05月17日

股関節の痛みに悩む人は多いですよね。特に女性に多いです。これは女性特有の問題があるのでしょう。それは股関節の形状と子宮・卵巣の影響だと思います。

そのあたりを含めて、股関節痛について書いてみますね。

股関節痛とは

股関節痛とはその名の通り、股関節に痛みがあることを言います。ワイズ整体院の股関節痛の女性画像

病院ではレントゲン上、問題が見たらない時に使われるんですね。

原因があるものに対しては、例えば「変形性股関節症」とか「臼蓋形成不全」などのような病名が付いてきます。

原因

股関節痛の原因は骨や関節・靭帯・筋肉・軟部組織など、それらの組織が傷んだり炎症を起こしたりして出てきます。

股関節に負担がかかると、股関節のいろんな部分に負担がかかります。具体的には

  • 関節
  • 筋肉
  • 靭帯

などです。

負担がかかり続けると、その組織はこわばったり肥厚したりするんですね。これが続いてくると、股関節が硬くなってきます。

硬いところは負担に対して弱くなります。負担がかかるとすぐに炎症が出るのです。そして痛みが発生してくるのですね。

痛みの性差について

股関節に痛みが出る人は圧倒的に女性が多いです。ワイズ整体院の痛みの性差
性差があるという事は、女性特有の問題があるという事になります。

わかりやすいのは

  • 関節の問題
  • 子宮卵巣の問題

です。

関節の問題

女性の場合は股関節の受け皿が浅いのです。だから骨で支えることが少なく、関節の周りの筋肉や靭帯・関節を包む袋に負担がかかり易いのですね。

負担がかかった組織は炎症を起こします。炎症が起きると痛みが出てくるんですね。

子宮・卵巣の問題

もう一つは、子宮・卵巣の問題という点です。ワイズ整体院の解説風景

生理周期が乱れていたり生理痛がひどい場合は、股関節の動きが悪くなっていることが、ホントに多い。

とくに卵巣が硬いと、その近く股関節が硬くなるんですね。それが股関節痛の原因となるんですね。

また、これらも影響があるのです。

  • 血液循環の問題
  • 女性ホルモン(ステロイドホルモン)の問題

血液循環の問題はなんとなくわかると思います。

性ホルモンはステロイドホルモンなのです。多いと身体を固くしてしまうんですね。

この時必要なのは

  • 血液循環の改善
  • 下腹部の柔軟性

なんです。

ちなみに男性の場合は

  • オーバーユース
  • 思春期のホルモンバランス(精巣)の問題

のときが多いです。

男性も性ホルモンの影響は出てきます。ただ関節がしっかりしているので、女性ほど痛みになるケースは少ないのです。

なぜ股関節の痛みが改善しないのか?

足には膝や足首、股関節の3つの関節がありますが、なぜ股関節に負担がかかるのでしょうワイズ整体院の症状解説風景か?

同じように動いていても、人により負担のかかる場所は異なります。これはその人の身体の使い方(身体の癖)なんですね。身体の歪み(クセ)でもあるんですね。

股関節が痛い人は、股関節に負担がかかる癖があるんですね。負担がかかり過ぎれば、こわばりや炎症が出てきます。そうなるから痛みが出るんですね。

この場合に必要なのは、身体の使い方です。

具体的には

  • 姿勢の注意
  • 足首の柔軟性

なんですね。

足首がなぜ重要か?

足首が重要なのは、股関節と一緒に身体の重心をコントロールするからなんです。

足首が硬いと股関節に無理がかかるんですね。そして姿勢にも影響してきます。

そしてこれは股関節に

  • これ以上無理させないように!
  • そして回復力を上げるために!

でもあるんです。

だから股関節痛が改善しない原因は、身体の歪みが改善しないからなのです

お薬や注射では身体の歪みは改善しません。マッサージも同様です。だから改善しないんですね。

身体の歪みを改善させる事これが重要なんですね。

そして身体の歪みの根本の原因は、生活習慣から来るのです。

改善させるには

改善させるには身体の歪みの改善、そして生活習慣の改善が必要なんですね。ワイズ整体院の施術スタッフ画像

そのためには

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • 姿勢

の改善が必要なんです。

この中で注意が必要なのが運動です。何でもやればいいわけではないからですね。特に下手な筋力訓練は症状を悪化させますから。

自分で不安な時は、専門家に任せるのが無難です。