どうしても改善しない自律神経の乱れを改善させるには

2019年07月26日

「自律神経の乱れがなかなか改善しない…」苦しむ女性風景

そのように悩んでいる人って、けっこう多いのです。なにをやってもなかなか改善しない…

でもこれ、実はちゃんとした理由があるのです。

なかなか改善しない人は、自然とそれをやってしまっているのです。
しかも自然だから、本人は気づけないんですね。

どんなことをやってしまうのか?

自律神経の乱れがなかなか改善しない方が、ついとってしまいがちな行動や考え方って何でしワイズ整体院のストイックに頑張る運動風景ょう?

それは以下の事です。

  • 何でも頑張りすぎること、
  • 出来ない自分をダメだと否定すること
  • 自己肯定・自己受容が低い事

あなたもこんなことをやってませんか?

  • ストイックにこだわって追及する
  • 自分にダメ出しをして頑張る
  • 多少できてもまだまだと自分を認めない

頑張り屋さんほど、やってしまいがちなことですね。

ただ悪いと言っているわけではありません。それで改善しているのなら問題ないのです。

でも改善してないのなら、考える必要があるんですよ。

自律神経を改善するには、身体もそうですが気持ちも緩めることがポイントなんですね。
だから頑張りすぎているだけで心に余裕がないのでは、かえって改善が遅くなってしまうのです。

改善するために必要なこと

必要なのは自分を感じることなんです。

これだけでは何のことだか分かりませんよね?

例えば体操なら、その時の自分の身体の感覚を感じてみるんです。

  • 気持ちが良いのなら、もうちょっとやってみようかな
  • ちょっとツラいな、なら無理しないでおこう

とか、そんな身体の感覚を味わってみるのです。

体操での理想は気持ちいい感覚です。
「伸びて気持ちいい!」
その感覚が身体を緩めていくんですね。

そして運動だけでなく

この感覚を味わう事は、なにも運動だけではないのです。ワイズ整体院の心地よい感覚を味わう女性画像

日常生活のいろんな時に、自分の感覚を味わってみること。

  • 食事の時においしさを味わったり
  • 仲間と一緒にいるのを楽しんだり
  • 嬉しい事があればしっかりと喜んだり

まずは心地よい感覚をしっかりと味わうことが重要なんですね。

不快な感覚には注意が必要!

不快な感覚もどうしても味わう事があると思います。まずはそこから遠ざかること。

ここからがスタートです。運動ならばそれで間違いはありませんから。

ただ日常生活で感じる不快な感覚や嫌な感情は、気を付ける必要があるのです。特に繰り返し起こる場合、自分に必要だから出ている場合も多いのですから。

だからそれ自体を否定してしまうと、解決が難しくなることも多いんですね。
それに向き合う必要があるから起きているのですから。

具体的な方法はいろいろあるのですが、扱い方を間違えると、かえって苦しくなることも…。
文字で正確に伝えるのは困難なので、別の機会にお伝えしていきますね。

そして100点を目指さない!

自律神経の乱れを改善するには100点は入りません。ほどほどでいいのです。点数で言うと60点ですね。納得する女性風景

なかなか良くならない多くの方は、100点を取ろうとし過ぎるのです。しかもたった一つの取り組みだけで。

別に悪いことではありませんが、絞れば絞るほど大変です。

100×1=100
20×5=100

どちらも100にはなりますね。
ただ、どちらが大変でしょう?当然、前者ですよね?

100点なんて、めったにとれるものではありませんからね。
それこそ完璧を目指さねばならなくなるから。

聞くだけで大変そうですよね。

しかもそれだけでなく、当然完璧には出来ないので、そんな自分を否定してしまう事にもつながっていくんですね。

だから極端に絞らずに、いろんなことを緩やかにおこなう方が良いのです。
身体がツラくなるほどだと、かえって逆効果になってしまうからね。

でもどうしても変わらない…

「でも、何をしてもどうやってもなかなか良くならない…」在り方カウンセリング風景

そのように方法論で変わらない場合、考える必要があるのです。

心理学でいう所の自分の在り方です。

自分がどんな傾向があり、何を大切にしているのか?

自分自身を見るのは嫌なものです。
それは見たくないところも見えてしまうから

隠しておきたい自分がいるし、そんな自分を否定してしまうから見たくないんですね。

ただ自分の見たくないところ・嫌な所を、どんなに否定しても仕方がないのです。それも自分だから。

否定された自分は傷つきます。

毎日そんなことを自分自身に言い聞かせていれば、自分自身はどんどん傷ついていくのです。
そして傷ついた自分を守るために、交感神経が緊張しっぱなし。

必要なのはこれなんです。
自分を知り自分を受け容れる。

初めは大変かもしれません。でも受け容れるごとに良くなっていくものですよ。