子供にやる気がないわけではないんです。

2019年05月30日

この職業をやっていると、不登校や引きこもりの相談を受けることが多いです。ワイズ整体院のカウンセリング風景

お話を伺うと

「うちの子はやる気がないんです」
「何を考えてるのかわからない」
「将来どうなるのか心配」

といったような内容なんですね。

これでは改善は難しいな…、と感じてしまうのです。

何でそう思うのか

私が何でそう思うのかというと、親自身がワイズ整体院の親の悩み画像
「責任の大半は子供である」
としか思ってないように感じるから。

やる気がないのは子供、だから責任は子供にある。
わたしは精一杯やる気を出すように声をかけているし…

と感じてしまうのです。

だから
「なんでやる気が出ないのか、考えたことありますか?」
と聞くと
「解りません」
としか返ってこないんですね。

そこに問題があるのです。

本当は子供だってやりたいんです。

子供だって本当はやりたいんですね。ワイズ整体院のやりたい子供画像

でも怖いし不安だし…、
「失敗したらどうしよう」
と考えてしまうのです。

背中を押して動けるならば、押してあげればいいですね。

でも動けないときは、その前段階が必要なんです。

それは、こどもの気持ちを理解して認めてあげること。

たとえ失敗してもいいのです。大事なのは失敗したという結果を見るのではなく、チャレンジしたという気持ちを認めてあげるのです。たまたま上手くいかなかっただけですから。

確かに成功すれば自信になるのですが、そんなにうまく行くことばかりではないですよね。

失敗してもチャレンジした気持ちが大事。これがあればまた挑戦できるから。それが成功へもつながるんですね。

失敗して委縮してしまったら、成功なんてできないです。
それではチャレンジするのも怖くなってしまう。

結果だけを見ていると、子供はだんだんこうなってしまいます。
これだから怖くてできなくなってしまうのですね。

だから周りから勧められても
「どうせ無理だし…」
という反応しか返ってきません。

子供には必要なのは

子供に必要なのは、これなんですね。ワイズ整体院のチャレンジする子供画像

行動する気持ちを認めて褒めてあげることなんですね。

  • 行動することは素晴らしい
  • 行動すると褒められる
  • 頑張って行動した自分をちゃんと見てくれる
  • たとえうまくいかなくても、行動したら親が喜んでくれる

そんな環境を作ってあげることなんですすね。

こうなってくると子供は興味があることに挑戦しようと思います。

当然経験値も上がっていくので、そのうちにうまく行くことも増えてくるでしょう。
そしたら子供に自信がついてくるのです。

ここまでくれば、子供が一人でどんどん動き出すでしょう。

そこまで行くには

まず子供を認めてあげることからなんですね。

  • 今のままでも大丈夫である
  • 怖い気持ちも受け止めてあげる
  • すべて大丈夫、あなたのままで大丈夫
  • 結果ではなく行動した気持ちを見てあげる
  • たとえうまく行かなくても、結果がたまたまそうなっただけと教えてあげる

これを親自身が行えるかどうかなんですね。

これを行うにはこれが必要

これを行うには、親自身の気持ちも重要となってくるのです。ワイズ整体院のカウンセリング風景

親自身の不安や恐怖です。

これに向き合い自分自身の気持ちを理解すること。別に解決する必要はありません。

ただ理解する。
これだけで良いのです。

親の不安や恐怖が子供にも伝わります。子供がやる気が出ないのも、そんな環境で育ったから、というのもあります。

だから変えればいいのです。

変えるには自分の気持ちを理解する。表面だけではなく潜在意識レベルで理解する。

「私の不安や恐怖にはこんな理由があったのか…」

そうなれば子供の気持ちも素直に受け入れられます。そしてそれが子供を安心させるのです。
あとは自然と変わっていきます。

そんな事例がたくさんあったからです。

そのためにはいろんな取り組みがあると思います。
あなたに合うものでいいから、まずはやってみましょう。

自分で勉強したり、本を読んだり、やれることはたくさんあるのです。

ただやり方によっては時間が大変かかります。
それは自分の理解の範疇を越えていかないからです。

「自分ではどうしようもできない…」
そんな時はカウンセリングを受けるといいと思います。

あなたの何かが動き始めますよ。