子供を何とかする前に

2019年05月27日

「子供がしゃべらなくなった!」

「どうやったら喋れるようになるのかと、さんざん試しました。でも喋らないんです。どうすれば喋るようになるんですか?」

というクライアントさん。

聞けば子供の問題だけではないんですね。夫婦仲が悪く、離婚まで考えてるとのこと。

当然そんな状況では、夫婦喧嘩は絶えないし、子供の前でもやってしまう。
そしたら2歳ごろに喋り出した子供が、最近しゃべらなくなったとのこと。

ちなみに過去にも歩くのに1年数カ月かかったようです。

まず考える必要があること

この場合に問題となっているのは、子供が育つ環境です。ワイズ整体院の子供の育つ環境

本来この時期は、親から愛情をいっぱい受け取る時期なんですね。

でも今の環境では、それが受け取れてないのです。
だから子供の成長や発育に影響が出ているんですね。

子供がしゃべるようになるには、子供の育つ環境の改善が必要です。

そうしないと子供の将来に大きく影響してしまから。
このままでは発達障害、愛着障害、適応障害になってしまう危険もあるのです。

夫婦関係の改善が有効なのだが…

今回のケース、子供を何とかする前に環境の改善が必要です。そのため夫婦関係を改善が有効ワイズ整体院の夫婦喧嘩画像なんですが…。

夫婦関係の改善というと
「私が我慢しないといけないんですか?」
「このままツラい結婚生活を過ごさないといけないんですか?」
と言われることも多いです。

そうではないんです。
我慢は必要ありません。

我慢した関係は長続きしないし、ストレスが溜まるばかりです。よけいに関係がこじれてしまうだけなんですね。

それで変わりません。

必要なのは
「どうしても夫婦喧嘩をしてしまう」
という、あなたの感情の奥にある本心を知ることです。そして理解するんですね。

これだけなんです。

その感情を理解すれば、あなたの気持ちはガラッと変わってくるのです。自然と楽に生活していけるようにもなるんですね。

自分の感情を知ると

何で感情を理解するだけで、そんなことが起きるのか?ワイズ整体院の安心する女性画像

それにはこんな理由があるのです。

自分の感情を知ると
自分が本当は何を求めてて、どうなりたいのか
が分かります。

すると夫婦喧嘩をしてしまう「本当の原因」も解るんですね。

そして本当の原因がわかると、こんな気持ちになってきます。
「ケンカしてもしなくても、どっちでもいい」

ケンカをしたくてやってるわけではないけど、なぜかそうなってしまうのは、その奥に自分が欲しいものがあったからなのです。

ケンカしなくても手に入れられるのなら、ケンカするのが無意味になってしまうんですね。
だからどっちでもよくなる。本当に欲しいものはケンカではないから、当たり前ですね。

当然自分だけが子供のために我慢しなくても良くなります。なかには夫婦仲まで良くなってしまう事もあるのです。

こんな状況が家庭に生まれてくると、家庭が落ち着きます。そんな家庭なら子供にとっては安心して過ごせるんですね。。きづくと子供はしゃべり始めたそうです。

まとめ

子供を改善するには、子供がそうなってしまった原因の改善が必要なんですね。その多くは家ワイズ整体院のカウンセリング風景庭環境なんです。

だからここを改善すること。そのためには親の気持ちの本心を理解する必要があるのです。

これが子供にとってはすごく大事なんですね。小さい子ほどお母さんの気持ちに発育が左右されます。

お母さん自身が楽になると、子供も安心して過ごせるんです。

それには自分の本当の気持ちを理解すること!
これが出来るかどうかで、人生は本当に変わります。

ちなみにどんなことをやったのかというと、カウンセリングを受けてもらっただけなんです。カウンセリングを繰り返し、お母さんの心の奥にある大事な気持ちを見つけていったんですね。

1回では難しかったけど、回数をこなすうちに見えるようになってきましたね。それが見えてきたら子供も少しづつ変わっていきました。

そんなカウンセリング、当院で行っております。
↓↓↓
https://www.waizuawadu.jp/method/counseling/