薬やサプリが効かない理由

2019年08月12日

「なぜなの?私に薬やサプリが効かないのは?」ワイズ整体院の薬・サプリの効かない理由解説
いろんな薬やサプリを使ってもなかなか変化が出ない…。

これで悩んでいる人、けっこうたくさんおられますね。

「薬やサプリを飲んでも症状が改善できない…」
私もよく相談されますし、他からもよく聞く話です。

でも、なぜ効かないのか?
それには大きくわけて理由が2つあるんですね。

  1. あなたの身体の状態が悪くて薬やサプリが効かない
  2. そもそもそれらは今のあなたの身体にとってが必要がない

それぞれについて解説していこうと思います。

(今回はあえて作用機序の違う2つをまとめて書きました。大枠では大きな違いはないと思いますので)

あなたに薬やサプリが効かない理由

こんな理由があるから効かない、というのをいろんな方を見てきて分かったことです。

1.身体の状態が悪くて薬やサプリが効かない場合

 身体の状態が悪いとこうなってしまいます。

  • 摂ったものが小腸で吸収できない(消化器の問題)
  • 吸収したものが体内を循環しない(循環器の問題)
  • 循環したものを組織や細胞がとり込めない(組織や細胞の状態)

これではいくら身体に良い食べ物・サプリを摂っても、効果が出にくいのはしょうがないですね。

良いものを摂る前に、あなたの身体の状態を良くする必要があるのです。

身体の状態が良くなって来れば、今まで効かなかった薬やサプリが効き始めます。それどころか、薬やサプリすら必要ないようになっていくんですね。

素晴らしいことだと思いませんか?
工夫次第で自分で出来るんですよ!

そのためには自分の身体を知ることが必要!
自分を知って改善点を見つけるが大事ななんですね。

まずは自分の身体の状態を観察することから始めましょう。

2.そもそも今のあなたには必要がない場合

必要がないので飲んでも効果がない、ということです。ワイズ整体院の身体に必要ない理由解説
ということは原因は他にある、ということなんですね。

つまり栄養の問題ではなく、身体の構造や機能、心の問題がとても大きいのです。

私が今まで多くの方を見せて頂いた経験からお話しすると、お薬やサプリに依存する場合に多いように感じます。

依存される方の特徴は、
これさえ飲んでれば改善するはず!大丈夫!
と思い込んでいるのです。

一つの取り組みで結果が出なければ、ほかの原因を考えればいいのですが…、そこへ考えが行かないか、いっても改善することをとても不安がるんですね。

依存状態だから仕方ないですし、そんな時には無理にやめる必要もないんですね。

ただ依存する心に向き合う必要はあるのです。
依存の心のその奥にはこんなことを感じます。

  • 自分自身が信じられない
  • 自分自身を認めない
  • 自分自身を受け容れない

そんな気持ちを強く感じるのです。

それが自己否定を生み出して、自分で自分を責めている…。
24時間自分責めをしていれば、それは悪くなっても仕方ありませんよね?

だから薬やサプリも効くはずはないのです。
必要なのは自分に向き合う事なんですから。

自分の気持ちに向き合って、自分自身を理解できるようになると自然と依存も解決します。そして身体も解決していくんですね!

薬やサプリを使う上での注意

薬やサプリで注意しなければならないことがあります。それは「飲むことによって悪化する場合もある」ということです。

特に身体に必要ない場合に起こりやすい問題です。

身体に必用ないものは本来、大事な物であっても身体には毒になってしまいます。排泄できればいいのですが、身体の排泄機能を超えて摂取していると、どんどん蓄積されていきます。

この蓄積された物が身体には害になってしまうのです。

ですから効果がないと解れば「薬やサプリやめること」もすごく大事になります。

ただお薬の場合、担当のドクターと相談してくださいね。

サプリの効果を確認する方法

サプリの基準があなたにはありますか?
ほとんどの方は良さそうだからという理由だけで摂ってます。これでは合っているかどうかも分かりませんね。

サプリの基準は身体にその効果が現れるか?です。ワイズ整体院のサプリの効果基準の説明

どんなに長くても3か月で効果が現れないものは、摂っても意味がありません。続けるだけ無駄であるだけでなく、身体に害を与える場合もあります。

そんな状況を避けるための基準があります。

  • どんなふうに身体に現れるのか?
  • こういった場合はどうなのか?
  • 私にはどうなのか?

これらを踏まえてサプリメントの効果を自分で調べてみてください。効果のあるものでしたら1か月ぐらいで変化が見えてきます。

  • 肌にうるおいがでてきた。
  • お通じがよくなった
  • 疲れにくくなった。

人によってさまざまな結果の出方をしますが、早く出るのはこんなところです。

そして3か月たっても何ら変化が見られない場合、それはあなたに必要ないものか合ってないものです。

このような基準をもって自分に合うかどうか試してみるといいですよ。