耳のつまりはなぜ起こるのか?

2019年05月15日

とても気になる耳の詰まり、何が原因なのか!

耳の詰まりにはいろんな原因があります。ワイズ整体院の耳の詰まりが気になる女性
耳の詰まりを改善するには、その原因を知っておくと選択肢が広がります。

ここでは主に病名がつかないもの、あるいは原因不明のものについて説明します。
ですが、病名がつくもの(原因のあるもの)についても知っておくと、鑑別が出来るので安心ですね。

まずは病院で原因がわかるかどうか、施術で改善できるかどうかを確認することが重要です。

原因のある耳の詰まり

病名のつく耳の詰まりも多いです。自己判断せずに、まずは病院で検査してみることですね。

病名がついても、その原因が不明の物もいくつかあります。これについては原因不明のところを参照ください。

耳垢塞栓

症状)耳が詰まる、耳が聞こえにくい
原因)耳垢によって耳がふさがったり圧迫されたりする状態です。

耳管狭窄症

症状)耳が詰まる、耳鳴りがする、耳が痛い
原因)耳管と言われる場所が風邪や中耳炎によって狭くなり、空気がこもってしまう状態です。

滲出性中耳炎

症状)耳が詰まる、耳が聞こえにくい
原因)中耳の鼓室というところに分泌液がたまる病気です。

突発性難聴

症状)耳が詰まる、耳が突然聞こえなくなる、耳鳴りやめまいがある、片側の耳だけに現れるワイズ整体院の解説風景原因)原因は解明されていません。急に片方の耳が聞こえにくくなります。

ウィルス感染、内耳の血液循環の障害、ストレスなどが考えられています。自律神経の関与もあると思います。多くは急性中耳炎に引き続いて起こります。

急性低音障害型感音難聴

症状)耳が詰まる、急に低い音が聞き取りにくくなる
原因)原因不明で突然低い音が聞こえにくくなるものです。誘因はストレスと言われていますので、自律神経の問題も関与しております。

耳管解放

症状)耳が詰まる、自分の声や呼吸音が耳に響く
原因)何かをのみこむとき以外、普段は閉じている耳管が常に開いている状態のものです。

強い耳閉感を感じ、自分の声や呼吸音までもが響いてしまいます。

メニエール病

症状)耳が詰まる、めまいがする、耳鳴りがする、声が聞き取りにくい
原因)めまいと耳鳴りが繰り返し起こる病気です。

内耳というところの内リンパ液の量がコントロールできず、むくんで水ぶくれになる状態です。体調の変化や悪化が、この病気を引き起こすきっかけになります。自律神経の問題も含まれるんですね。

原因不明の耳の詰まり

病名がつかない、もしくは原因不明と言われる場合、それは自律神経の問題であると思って間ワイズ整体院の症状解説風景違いないでしょう。

自律神経は身体の機能をコントロールする神経です。耳の機能が低下しているから耳の詰まりが出るのです。

機能は「働き」になります。
外から見ただけではわかりません。

外側から見て分かるものは「病名」がつきます。わからないから原因不明となるのです。

なぜそうなるのか?

体調が低下してくると、自律神経は体調維持しようとします。そのために身体をコントロールするんですね。コントロールできている分には問題はありません。

ですが、コントロール不能になるとどうでしょう?
今度は身体を防御しようとしてきます。

こんなときは交感神経が優位にななるんですね。身体を守るためになんです。ただ交感神経が優位になると戦闘化闘争モードに身体はなります。それ以外の機能は、例えば耳の機能も含め低下するんです。

さらに血液循環も悪くなるので、耳へ運ばれる血液の量が低下します。ますます耳へは悪循環になってきます。

これらが積み重なるので症状が出るのです。
耳のつまりであったり、身体のフラつき、難聴などで出てくるのです。

最後に

耳の詰まりについて書いてみました。ワイズ整体院のスタッフ画像

当たり前ですが、原因があるものは原因の改善が必要ですね。

そして原因のないものにはこれが必要です。

  • 身体を整えること
  • 自律神経を整える

これが出来れば改善出来るんです。

方法はいろいろあると思いますが、当院ではこんなことをやっております。
↓↓↓

耳の詰まり(耳閉感)