ストレスと脳の機能~前頭葉~

2019年11月1日

前回は延髄についてお話ししました。

で、今回は運動について書こうと思いましたが、もう一つ大事な所を忘れてました。

それは前頭前野。

…、それってどこのこと?
そんな言葉が聞こえそうですね。

前頭前野とは

前頭前野とはどこのことでしょう。

それは脳の前頭葉というところの前の方の部分になります。

もうちょっと詳しく書くと背内側前頭前野ですね。
ここの機能がストレスのコントロールには大事なんです。

知っている人は知っているかもしれません。
(ごく少数だが…)

ここは認知に関係する部分です。

ストレスはいろんな感覚組織で察知します。それをストレスと認知しているのが、この前頭前野と言われるところなんですね。

ストレスはもともと
「脳の認知のクセ」
から派生すると言われております。

認知とはウィキペディアによると、このように言われてります。
「外界にある対象を知覚した上で、それが何であるかを判断したり解釈したりする過程のことをいう。意識と同義に用いられることもある。」

ここをコントロール出来さえすれば変わります。

今までストレスと思っていたことが、それほどのストレスじゃなくなるんですね。

前頭前野の研究報告では

先ほども書きましたが、前頭前野は認知をつかさどる部分になります。

この機能は脳の前頭葉の中の前頭前野にあり、正確には背内側前頭前野(DMPFC)と言わる所にあるんですね。

うつ状態から健康に回復した人の脳を検査したところ、
「この部分の変化が大きかった」
との報告も上がってます。

認知は思考や行動の決定に極めて重要な役割を果たすところです。

ストレスを和らげるには、ストレスを客観的に理解する必要があるのです。このためには前頭葉の働きを活性化させること。

そして前頭葉の働きは、ストレスに反応する偏桃体の働きを抑制することも分かってます。
扁桃体は前々回説明したように、ストレスに反応し交感神経のスイッチ入れるところ。

だから前頭前野をコントロールすることが、ストレスをコントロールすることにつながるんですね。

<前頭前野を活性化するには?>

前頭葉を活性化するには、まず脳全体を活性化する必要があります。

そして脳を活性化させるということは、脳の血液循環を改善するということ。
脳の血液循環の改善が、脳の神経細胞の活性化につながっていくんですね。

このために出来ることは結構あるんです。

  • 自分で出来るもの
  • 自分で出来ないもの

があります。

自分で出来るものを大まかに分けると

  • 運動
  • 脳トレ
  • 腹式呼吸
  • よく噛む
  • 笑う
  • 楽しいことをする

になってくるのではないでしょうか?

ネットで調べればもっとたくさん出てきます。
実は読書や食ベものでも変わるんですね。

その中から自分に合ったものを選べばいいだけです。

ちなみにできないものは施術を受けることですよ。
ダイレクトに脳の血液循環が改善します。

運動するときの注意

ただ一つ注意がありまして、それをお伝えしとこうと思います。ワイズ整体院の体操の注意の解説
それは「効果をちゃんと測定すること」

何となく運動していてもそれなりの効果は得られます。
ただ場合によっては合わない運動もあるんですね。

それを回避するために、効果を測定するんです。

分かりやすいのは

  • 柔軟性の改善
  • 呼吸のしやすさ

です。

運動前と後で改善していれば、その運動は効果があるんですね。
これを基準に試してみるといいと思います。

「どれが合うかなぁ~」

それぐらいのつもりで軽くやってみてください。
これぐらいリラックスしてる方が絶対に良いですよ。

緊張は脳も緊張するからね。楽しんでやっていきましょう!

次回は運動の量の基準についてです。

どうしても聞かれるところなので、文章で伝えられる範囲で書いてみようと思っております。