寝違い・ぎっくり腰になるということは

2019年11月20日

朝晩本当に寒くなってきました。
大分布団が恋しくなってきましたね。

こんな時期は風邪もひきやすいし、身体の痛みも出やすくなってきます。

当整体院でも寝違えやギックリ腰の人が増えてきました。
そんな季節(どんな?)になってきたんですね。ワイズ整体院の腰の痛い女性の写真

実はこれ、季節の変化に身体が十分対応しきれてないからなんですね。
この対応力も自律神経の働きです。

つまり自律神経が乱れて回復力が低下してるんですね。
だから身体は疲れてきてるんです。

疲れてくるとこんな前兆でてきますよ。

例えば

  • 最近やたら眠い
  • 疲れが残るようになってきた。
  • 身体がこわばってきた

などがそうです。
これは疲れが溜まってきているサイン。

こんな感じが出てる人は注意が必要なんですね!

このままほっておくと…

この状況をほっておくとどうなるのか?

身体に疲れが溜まっていくので、徐々にこわばってくるんですね。
すると体力も落ちてきます。

実際にはギックリ腰や寝違えになる前に身体には、

  • 疲労の蓄積
  • 身体のこわばり
  • 血液循環の悪化

という変化が起きているのです。
だから普段だったら問題ない事でも、身体を痛めてしまうのです。

カラダの不調を自覚できるか?

カラダの状態を感じられるか?ワイズ整体院のストレスを抱えた女性画像
これが大切なんですね!

感じられれば、対処できるのです。
「疲れてるから今日はちょっと早く休もう」

でも感じられなければ、疲れをためてしまうんですね。

なので「感じた」という方、その感覚に素直になればいいんですね。

そして「感じなかった」とおっしゃる方、要注意です!
かなり身体が鈍感になっています。

この鈍感さがすでに疲労が溜まってる状態なんですね。

こうなってると普段から身体の不調を感じることが出来ません。
だから危険なのです。

不調を感じられなければ身体を休めないですよね?

その結果、身体に無理を重ねてしまうのです。そんな方ほどギックリ腰や寝違えになりやすく、しかも繰り返すのです。

ギックリ腰や寝違えだけでなく…

ですがギックリ腰や寝違えだったらまだいいのです。
回復するしょうじょうですから。

これが内科的な御病気だったらどうでしょう?
大病だったら大変ですよね。

無理が重なると疲れは身体の外側(筋肉や関節)だけでなく、内側(脳や内臓)にも溜まっていくのです。

それが続くといつ内科的な症状が出てきてもおかしくんですね。
(すでに出ている人もいらっしゃるかもしれません)

ぎっくり腰や寝違いではなく、内臓や脳血管を悪くしてしまうと大変です。一生のお付き合いになって舞う可能性が高いです。

薬を飲めばいい、という方もおられるでしょう。
でも本当にそれでいいですか?

ご自分の身体は自分でしか回復できない

疲れや痛み・不調を回復するのは自分の身体なのです。

疲れ切った身体では回復力が発揮できません。
だから良くなるものも良くならないのです。

良くならないだけでなく、そのうち別の場所にも無理がかかってきます。
そして今度はそこが病んでくる…。

この繰り返しになると身体はどんどん悪くなる…。
体力も回復力もさらに低下します。

そして好きなことをするにも体力もなくなるし、やる気も起きません。
そんな生活がお望みでしょうか?

この負の連鎖は改善できるのです。あなたが生活習慣を見直すだけで。

痛くなってしまったものは仕方がないです。
あとは治していくだけですね。

そしてこの機会に生活習慣を見直して、回復力をあげましょう。それが今後の人生にも豊か影響してくるんですね。

やっぱり楽しく生きたいですからね!

<こちらの記事も参考にしてください>

ギックリ腰について知りたい方は「ギックリ腰」のページをご覧ください。

寝違えについて知りたい方は「寝違え」のページをご覧ください。

自律神経の乱れについて知りたい方は「自律神経の乱れ」のページをご覧ください。