梅雨時期の身体の不調とは?

2019年06月24日

梅雨時期になると体調を崩す方が増えます。ワイズ整体院の梅雨時期の不調解説

「湿気が原因だとは思うけども…」
と、なんとなく感じている人もおおいですよね?

また「雨が降る前に痛みが強くなる」という人もいます。

何故こんなことが起きるのでしょうか?

日頃から感じていることを書いてみました。

なぜ?梅雨時にひどくなる

「梅雨時にひどくなる」ワイズ整体院の梅雨時の症状の解説

例えばこんな症状ですね。

  • ダルい
  • 疲れやすい
  • やる気が出ない
  • 身体が重い

いろんな出方をするのです。

この原因として多くの人が感じている「湿気」の影響。確かに身体に影響してるのです。この時実際にどんなことが起きているのでしょうか?

湿気が多い時の身体の変化

湿気が多いと、こう感じる人が多いですね。
「身体が重いなあ」

実はこの通りの事が身体に起きてるのです。本当に重くなっているんですね。

湿気が高いと、水分が身体に入ってくるのです。極端にはプールに入ると身体が重くなりますよね?それと同じなんですよ。

浸透圧というのがあって、湿気が高いと水分が身体に入ってくる。逆に乾燥していると水分が外に逃げていく。

入ってくればその分だけ身体は重くなります。身体が元気であれば感じないのですが、疲れていたり体調が落ちていると感じてしまうのです。

内蔵にも負担がかかるのです

また水分量が多いと循環機能に負担がかかります。循環に関係する心臓や腎臓、肝臓に負担がかかりやすいです。

また膵臓も水分に関係する臓器になります。
だから負担がかかって疲れてくるのです。

膵臓の状態は、自律神経や精神状態にも影響します。
なので症状とすると、気分がすぐれなかったり落ち込みやすくなるのですね。

雨が降る前に感じるのは理由がある

雨が降る前に感じるのも湿気の影響でしょうか?ワイズ整体院の低気圧の影響解説

確かに降る前から徐々に湿気が多くなってきます。でも降っている時ほどは高くないんですね。

「降ってしまえば大丈夫」
そんな声も聴きますよね?

とすると、単純に湿気だけの問題ではなさそうです。

では一体、何が身体に影響しているのでしょうか?

雨が降る前はどうなるのでしょうか

雨が降るときは、低気圧がきて前線が近づきます。

そのとき変化するのは湿気と気圧。湿気は先ほど書いた通りの身体の変化をもたらします。

そして気圧の変化は気圧がどんどん下がってくることですね。

ここで考えられるのは、この気圧の変化に身体がついていけないこと。だから症状が出てしまう。気圧が安定してしまえば大丈夫。

ということかもしれません。

気圧の変化で起こる身体の変化

気圧が下がると身体にはどんな変化が起こるのでしょうか?

自律神経の変化

自律神経の変化で言うと

  • 高気圧:交感神経が優位になりやすい
  • 低気圧:副交感神経が優位になりやすい

となります。

雨の日にホッとするのは、普段交感神経が高ぶっているのかもしれませんね。

気圧自体の影響

気圧とは空気の圧力になります。

気圧が高いと外から圧力がかかっている状態。身体をキュッと締め付けられるので、動きやすく感じることが多いです。

晴れていると元気が出る用意感じるのは、気持ちの問題っだけではなく身体の問題もあるんですね。

気圧が低いと外からの圧力が下がるので、身体は膨張しようとするのです。柔らかい組織程膨張しやすいのです。例えば関節も緩くなるので、うまく力が入りにくい。古傷が引っ張られるので痛みを感じやすくなる。などのようなことがあります。

まとめ

梅雨時期の身体の影響にはワイズ整体院の施術スタッフ画像

  • 湿気
  • 気圧

の両方からの影響があるのです。

湿気は身体の重さや循環器への負担です。気圧は自律神経への影響や身体への圧力です。

体調が低下していると、この天候の変化の影響を強く受けるのです。

だから改善のためには体調を整えること。これが梅雨時期をうまく乗り越えるコツなんですね。

基本は

  • 睡眠
  • 運動
  • 食生活

になるのです。

ご自分で出来るところから始めて頂ければ良いのです。

自分では難しいのならば、専門家にご相談くださいね。