自律神経の乱れと不調は考え方次第で変わります!

2020年05月28日

【自律神経の乱れが早く良くなるかどうかは考え方で大きく変わる!】

特に不調に対する考え方が大切で、これにより大きく左右するのです。

何故なのか?

不調をどう捉えるかで、それがストレスかそうでないか決まってしまうから!
だから考え方はとても大事なんですね。

それについて書いてみようと思います。

自律神経はどうして乱れるのか?

自律神経失調症の原因は自律神経が乱れることですね。
これは皆さんご存知でしょう。

ではなぜ乱れるのでしょう?
考えたことありますか?

自律神経が乱れる場合には、こんな原因が背景にあるのです。

  • 疲労
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ

等が原因で、身体をコントロールできなくなったから。だから乱れてしまうんですね。
その結果が身体の不調なんです。

ところで身体の不調にも意味があるのです。
それを知ることが実はとても大事!

なぜならここが不調の解消に大きく関係してくるからなんですね。

身体の不調とはいったい何?

身体の不調にはこのような意味があるのです。

それは今の状態では良く出来ないですよと言っている。
それを脳にお知らせしているんです。

脳が認識できないと身体は不調を解消できません。
そのために不調を出して脳にお知らせしているんですね。

そうなんです!

身体の不調は脳へのお知らせ。
身体に危険が迫っていることを知らせているんですね。

だからそれだけ解消しようとしてもダメなんです。
たとえ一時的には良くなっても再発しやすいです。

しかもその時はもっとひどい状態になってしまうんですね。
それは原因がほったらかしだったので、身体の状態がさらに悪くなったからです。

だから不調だけ消そうとしてはダメなんです。

まずは自律神経を整えること。 そしてストレスへの対処すること。 さらに身体の不調の捉え方が大事なんですね。

不調は身体に必要だからでている

だから身体の不調はダメなものではないのです。
脳に気づいてもらうためのサインなんですね。

それで身体は不調を解消しようと出来るんです。
大切なものなんですね。

不調をダメなものとして捉えると大変です!

でもこの不調をダメなものとすると、不調が出ている自分もダメな自分になってしまう。
これでは不調があるという事で自分にダメ出しをしてしまうんですね。

よく考えてください。
もし他人からそんなことを言われ続けたらどうですか?

耳をふさぎたくなったり逃げ出したくなりますよね?

他人だからこれが出来ます。でも自分だと出来ません。
24時間46時中、それこそ寝てても潜在意識が自分をダメ出し続けるんですね。

だから自律神経は乱れ続けるのです。
交感神経ばかり働いてしまう。

だからなかなか良くならないんですね。

最後に

良くなるためには身体の不調に対する考え方を学ぶ必要があるんです。
それは良くなり方が違ってくるから。

だから早く良くしたいなら考えた方がいいんですね。

ただ自分で気づくのは難しいです。それは自分の考え方が当たり前になっているから、自分では気づけないんですね。

なので良くしたいと思うのなら専門家に任せるのがいいです。
時間も労力も無駄にならなくて済みますよ。

詳しくは動画をご覧ください。

以上、自律神経失調症を解消するための考え方についてお伝えしました。

ワイズ整体院では自律神経失調症の施術を得意としております。
当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご連絡くださいね。

自律神経についてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。