自律神経を整えて息苦しさを楽にする!

2020年07月6日

こんなお悩みで困ってませんか?

  • 息苦しさやけだるさがあるんだけども、病院では原因はわからない…
  • 処方箋も出はしたが、飲んでみても変わらない…
  • いろんなことをやってみたが楽にはならない…

原因不明で処方箋や体操ではなかなか良くならない。
そんな場合は自律神経が乱れているんですね。

自律神経の乱れには処方箋は効きません。
そして自律神経を整える体操でない限り、その不調は変わらないのです。

必要なのは整えること!
これが出来ないから、いつまでたっても解消しないんですね。

自律神経の乱れは息苦しさや呼吸のしづらさの原因です!

自律神経失が乱れるといろんな不調が出てきます。ワイズ整体院の解説風景

動悸やめまい、倦怠感、頭痛、胃の不快感、やる気が出ない、…

その中でも胸や呼吸に関係する不調は、恐怖を伴う事が多いです。
心臓に問題があったり呼吸が止まったりするのではと思い、命の危機を感じてしまうからなんですね。

でも大丈夫です!
自律神経の問題では実際にそのようになることはありません。

ただそうは言われても怖いものですよね?
だからこそ自律神経を整えることが大事なんです。

今回ご紹介するのは背骨から自律神経を整える方法。
その理由と解消法について解説していきますね。

背骨のこわばりは自律神経の乱れ!

実は背骨がこわばると自律神経が乱れます。

特に交感神経が緊張しやすくなってしまうのです。
すると筋肉や関節だけでなく内蔵までもがこわばってしまうんですね。

そうなってしまっては大変!
内臓の働きの低下は体力や回復力の低下をおこしてしまいます。

だから疲れやすくなったり、動悸や息苦しいさも出やすくなるのです。

今回ご紹介するのは体操は、寝ながらできる自律神経セルフケアです。
寝ながら楽に心地よく背骨を緩め自律神経が整う方法なんですね。

背骨から自律神経を整え呼吸を楽にする!

背骨がゆるむと自律神経が整っていきます。
それは背骨のこわばりが交感神経の緊張に関係しているからなんですね。

だから息苦しさや呼吸のしづらさ解消するうえでも大切な場所なんです。

実際の方法

方法は簡単です

  1. バスタオルを2枚用意します。
  2. それを丸めて筒状にします。
  3. それを縦に並べます。
  4. 並べたタオルが背骨に当たるように寝っ転がります。
  5. その状態で背中の伸びを感じます。
  6. 物足りない時は手を上に伸ばしたり、横に開いたりするとよりゆるみやすくなります。
  7. 時間は3~5分です。

これを1日2回ぐらいできるといいですね。詳しくは動画をご覧ください。

かんたんな方法ですが注意が一つあります。苦しい場合や手がしびれる場合はムリせずに行ってください。

まとめ

以上、 自律神経失調症や息苦しさを解消するための体操をお伝えしました。
これらの不調は解消できるのです。

そのためには自律神経を整えることですね。

いろんな方法がある中で今回は背骨から整える方法をご紹介いたしました。

ぜひ苦しさや不調を解消して快適な生活をお過ごしくださいね。

ワイズ整体院では自律神経の乱れを整えたり息苦しさへの施術を得意としております。
当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご相談くださいね。

自律神経の乱れについてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。