みぞおちマッサージで原因不明の痛みや不調を解消する!

2020年07月17日

あなたは原因不明のみぞおちの痛みや不調が良くならずに悩んでいませんか?今回はみぞおちの痛みや不調が出てしまう理由と解消する方法についてお伝えしております。

原因不明のみぞおちの痛みや不調とは何?

原因不明のみぞおちの痛みや不調、
いろいろ試してもなかなか解消しないと悩む人が多いです。

しかも自律神経を整える体操をしているにもかかわらず、なんですね。

そんな場合、考える必要があるのです。
それはなぜこのような状態になっているのか?なんですね。

なぜなかなか良くならないのか?

なぜなかなか良くならないんでしょうか?
それは良くならない原因が残っているからなんですね。

みぞおちの痛みや不調の原因は以下のようなものなんです。

  • みぞおち周囲のこわばり
  • みぞおち周囲の血行の悪さ
  • 姿勢の問題
  • ストレスの問題
  • 自律神経の問題

なかなか良くならない時は
原因のどれかが残っている
と考えれば良いのです。

今までどれを解消してきたのかが分かれば残っているものも分かるんですね。

何が出来てて何が足りないのか?
まずはそれが分かればいい。

あとは足りないところをやっていけばいいんですね。

こうやってみぞおちを緩める!

みぞおちの不調を良くするにはこの条件が必要です。

  1. みぞおちを緩める
  2. 緩めたみぞおちの状態を維持するための取り組み

1・2とも良くなるには大切なんですね。それぞれの意味はこうなってます。

  1. 自律神経を整えるたり直接硬くなっている横隔膜や内臓を柔らかくする方法です。硬くなったみぞおちを緩めるために必要です。
  2. 良い姿勢をとる訓練やストレスへの対処法に取り組むこと。みぞおちがこわばりにくくするために必要です。

いわば車の両輪です。
どちらが欠けても上手くいきません。

なので今回は2が出来ていることを前提にお話を進めていきますね。

実際の方法

実際の方法は簡単です。 呼吸に合わせてみぞおちを緩める方法なんですね。

  1. みぞおちからちょっと離れた場所に手を当てる。
  2. 息を吸う
  3. 息を吐くのに合わせて身体をかがめていく。この時に肋骨のしたから横隔膜に向かって指先を入れていく。
  4. 息を吐き終わったら手を入れるのも止める。
  5. 息を吸いながら体を起こしていく。その際指も元に戻していく

この工程を5回繰り返します。

自分の出来る範囲で緩めていきます。痛ければ軽くおこない、全然問題ない場合は強く行います。 決して無理はしないでくださいね。

痛くて全然できない場合はこんな方法でもいいです。 息を吐くときに肋骨がすぼまりますので、その動きを手で手助けする。 この程度から少しづつゆるめていけばいいのです。

出来る範囲からやってみてくださいね。

まとめ

以上、原因不明のみぞおちの不調と解消するための体操を簡単にお伝えしました。

みぞおちの痛みや不調は解消できるのです。ただそのためには必要なことをやらなければなりません。

  • みぞおちを緩めること
  • 緩めた状態を維持すること

どれかが欠けても良くなるのに時間がかかったり治らなかったりするんですね。
だからこの2つにはぜひ取り組んでくださいね。

詳しい方法は動画をご覧ください。

ワイズ整体院では原因不明のみぞおちの不調・自律神経失調症の施術を得意としております。当整体院で施術を受けてみたい方はお気軽にご相談くださいね。

自律神経についてもっと知りたい方は「自律神経の乱れ」ページをご覧ください。